スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

55会 会則

中央大学学員会白門55会会則

第1条(名称) 
本会は、中央大学学員会白門55会(略称「白門55会」)と称する。

第2条(事務所)
本会事務所は、東京都千代田区神田駿河台3丁目11番5号中央大学員会本部事務局内に置く。

第3条(目的)
本会の目的は以下のとおりとする。
(1)会員相互の親睦と交流を図ること。
(2)母校中央大学の発展と興隆に寄与すること。

第4条(事業)
本会は以下の事業を行う
(1)会員親睦会、講演会等の開催
(2)会報および会員名簿の発行
(3)その他本会および学員会の目的遂行に必要な事業

第5条(会員)
本会は中央大学に昭和51年に入学、または、昭和55年に卒業した者および上記に準じる者として本会が認めた者をもって会員とする。

第6条(役員)
本会に次の役員を置く
(1)会長         1名
(2)副会長       10名以内
(3)幹事長        1名
(4)副幹事長      10名以内
(5)幹事        50名以内
(6)会計監査       2名

第7条(役員の選出)
(1) 会長、副会長、幹事長、副幹事長、会計監査は本会総会において立候補者被 
   推薦者の中から選出する。    
(2) 幹事は会長が委嘱する。

第8条(役員の職務)
(1) 会長は本会を代表し会務を総括するとともに、中央大学学員会支部長となる。
(2) 副会長は会長を補佐し中央大学学員会副支部長となるとともに、会長に事故
   ある時は、予め定めた順序に従い会長を代行する。
(3) 幹事長は総会及び第12条に定める役員会において審議決定された事項その
   他の業務、会務を執行し、第15条に定める事務局長を兼任する。
(4) 幹事長は幹事長を補佐し、第15条に定める部会長、事務局次長を兼任する。
   幹事長に事故ある時は、予め定めた順序に従い幹事長を代行する。
(5)幹事は本会が円滑に運営されるよう努め、第15条に定める事務局員、部会
   員及び委員長ないし委員を兼任する。
(6) 会計監査は会計を監査し、その結果を定期総会において報告する。また、
  必要に応じて役員会、幹事会に出席し会計監査に関する意見を述べることができる。

第9条(任期)
役員の任期は2年とする。再任は妨げない。ただし、会長は連続3期までとする。

第10条(役員の候補)
役員に立候補しようとする者は、総会の2週間前までに 書面で会長に届け出なければならない。また、推薦する者がある場合も同様とする。

第11条(総会)
(1)会員総会は会長が招集する。
(2)会則の変更、本会の重要な財産の処分、会員の除名、会計報告は総会において行わなければならない。
(3)毎年1回定時総会を開催するものとする。なお、会長または、3名以上の役員により臨時総会を
  開催することができるものとし、3名以上の役員による臨時総会の招集は招集を決めた役員が行う。
(4)総会の議長は、会長が行うものとし、会長に支障があるときには第8条(2)
  の規定に従う。
(5)総会の議事の議決は、議長を除く出席会員の過半数で決定し、可否同数の場合には
  議長の決するところによ  る。
(6)議長及び総会で選任された書記は総会の議事録を作成し、これに記名する

第12条(役員会)
(1)会則に別段の定めのあるものの他、本会の業務の決定は会長、副会長、幹事長、副幹事長をもって
 構成する役員会が行う。ただし、日常の軽易な業務は会長または幹事長が決定して役員会に報告する。
(2)会長は必要に応じて役員会を招集し議長となる。
(3)役員会の議事の議決は、議長を除く出席役員の過半数で決定し、可否同数の場合には議長の決するところ
 による。
(4)役員会は、メーリングリストを利用して開催、議決することができる。

第13条(幹事会)
(1)幹事会は、幹事長、副幹事長及び幹事をもって構成する。
(2)幹事会は、本会が円滑に運営されるよう必要な事項を検討する。
(3)幹事会の議長は幹事長とする。
(4)幹事会は幹事長が招集するものとし、幹事の総数の3分の1の要求があった
  ときは、幹事長は幹事会を招集しなければならない。
(5)会長は必要に応じて幹事会を招集して意見を聞くことができる。
(6)会長、副会長は、幹事会に出席して意見を述べることができる。
(7)幹事会は、メーリングリストを利用して開催、議決することができる。

第14条(地域支部)
(1)10人以上の会員が存する地域は地域支部を組織することができる。
(2)地域支部は原則として都道府県を単位とする。
(3)地域支部の支部長は幹事を兼任する。
(4)地域支部の設立は役員会の承認を必要とする。

第15条(事務局及び部会、委員会)
(1)本会の効率的運営と活動の活発を図るため事務局をもうけることができる。
(2)事務局の下部組織として部会、委員会を置くことができる。

第16条(会計監査)
(1)会計監査は他の役員を兼任することができない。
(2)会計監査は回の業務執行の状況及び会の財産の状況を監査する。
(3)会計監査は毎年定期的に監査報告書を作成し、役員会、総会に報告しなければならない。

第17条(会費)
年会費は2,000円とし毎年3月31日までに前納する。

第18条(会計年度)
本会の会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第19条(予算及び決算)
本会の予算及び決算は総会の議決を得なければならない。

第20条(会則の変更)
本会の会則の変更は役員会の議決を経て総会の議決を経なければならない。

第21条(細則)
本会則に定めのない事項につき役員会は細則を定めることができる。

第22条(第1回)
第1回役員の選任には、第10条は適用しない。

                                以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
プロフィール

白門55会役員

Author:白門55会役員
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。